20171109-2-2


こんばんはー。
一週間のご無沙汰です~。
先週ブログを更新してから、、、
結構多忙で、ブログ更新まで辿り着かず。
申し訳ありませんでした。

ですが、今日はどうしても
書いておきたいことがあって
ブログ書いております。





実はタイトルにもあるんですが、
写真の赤ちゃんH君のことです。

H君は、6月19日に22週6日で生まれました。
10月17日が予定日でしたのでかなりの早産です。
生れた時の体重はなんと、493g。
超低出生体重児でした。

原因は1つではないんですが、、、
とりあえずはママが高齢であること
(ママさんごめんなさい!ですが、、、
我がクリニック歴代第3位なのです。)。
それからお仕事がけっこう大変であったこと。
それから知らずしらずのうちに
子宮の入り口が勝手に開いてしまったこと、、、etc。
色々な事が重なって、、、
当日緊急の帝王切開で出産されました。

それからもうじき5カ月です。
予定日が10月17日なので、
通常の出産であれば、
予定日きっかりに生まれたとしても
10月24日には退院できたはずですが、、、
それから2週間ほど遅れた昨日無事に退院できました。
退院時の体重は2400gを超えていました。
入院中とにかく小さいということが原因で
色々トラブルもあったようですが、
奇跡的に
生きる上に置いて問題になるような
後遺症らしい後遺症もなく、
元気に大きくなりました。
本当によかったです。


通常は小さく生まれるだけで
色々な後遺症が残ることも多いのです。
こちら参考サイト
ですから、現在妊娠中の方、
これからママになりたい方(プレママ)は、
本当に大事に妊娠期間を
過ごしていただきたいという思いでいっぱいです。







それで本日、
赤ちゃんに会いに行ってきました~


20171109-1




どんな感じに育っているかなぁ~
と、本当に楽しみで伺ってきました。
すると、、、泣いてる声が、
ビックリするほどでかい~
本当にちいさくうまれたのかい
と、疑いたくなるほど。
しかも脚を伸ばしたり、縮めたり、、、
元気いっぱいで嬉しくなっちゃいました。



20171109-3



あんなに泣いていたのに、
おっぱいのあと、ねむねむです~


このくらい小さい子はまずは目指せ3000gです。
とにかく3000gになるまでの授乳方法で
大きくすることを考えることが大事になります。


泣き始めたらオムツを変えて
冷凍母乳を温めます。
そしておっぱいのマッサージを開始。
その間、、、
とにかく短くてもいいから泣かせること!
H君の場合は、5~10分。
様子を見ながら泣かせます。
そして直母を左右合わせて10~15分。
最後に温めておいた搾乳した母乳を
適量(30~50cc)飲ませて完了です。
トータルで30分以内で終了するといいなと思います。
1日10~15回、様子を見ながら調整します。


1つだけ注意があります。
このくらいの体重の赤ちゃんで
早産だと修正の月例を言われることがあるんですが、
その月齢が2週間であったとしても、、、
生れてから5か月経過していると
精神年齢はかなり高いので
授乳後寝ないことがままあります。

そんな時は、授乳後抱っこすることで、
寝ないけれど泣かない状態で
過ごすことが出来ます。
お試しください。
そして授乳後30分~2時間後くらいに
再びかなり激しく泣いた時が
次のおっぱいタイムになります。



*細かなアドバイスは個人差が大きいので
直接行っています。
必要な方はご連絡くださいませ。



ママさんは生まれてから昨日まで
毎日のようにおっぱいを搾乳して
たくさん冷凍されていました。
毎日毎日一生懸命。
一生懸命絞った母乳を与えることで
本来起こりうるトラブルを回避することが
できたのかなぁ~?と思ったりもしています。
小さすぎる赤ちゃんには、
直接おっぱいをあげることが出来ません。
それで、毎日搾乳して母乳パックを使い
冷凍母乳を作りそれを看護師さんたちに
託すことになります。
本当に大変な作業です。

どのくらいストックがあるのかを知るために、
冷凍母乳の量をママさんに尋ねてみると、
冷凍庫にたくさんあるというので
見せていただきました。
すると専用の冷凍庫がありました。
中にたくさんの冷凍母乳を見た時、
本当にぐっときて、、、
思わず泣きそうになりました。

以前大きな病院で病棟勤務をしていた際に
やはり冷凍母乳を預かって
赤ちゃんに飲ませていたことを思い出し、
母ってすごいなと思いました。

私たちが搾乳することはある意味簡単です。
ですが、素人であるママさんが
搾乳するとなると本当に時間もかかるし
体力も気力もかなり必要になります。

本当にお疲れ様という気持ちでいっぱいです。
これからは徐々に直母の時間が長くなり
最終的に直接母乳を与えるだけで、
育てることが出来ればいいなと思っています。


それから、、、
毎日まいにち、欠かすことなく
病院にも足を運び
赤ちゃんの様子を伺っていらしたようです。


ママさん私にポロリと一言、、、
"子供が生まれてから、
はじめて家でゆっくりする!"
と言われました。





本当に5か月お疲れ様でした!
なんだか何も手伝えず
本当に申し訳ありません。
また何かあればいつでもご連絡くださいね。



20171109-4


可愛い寝顔でおやすみなさい~。
また遊びに伺います~。